1リットルの涙 YouTube 無料動画で英会話

Veoh の視聴方法が変更があります。詳細は左サイドバーをご覧ください

映画 1リットルの涙 動画

あらすじ

愛知県豊橋市に住む木藤亜也(きとう あや、1962年7月19日-1988年5月23日)は中学3年の時、いきなり転んでしまうなどの体の不調を訴え、光生会病院で受診、その後医師から、手足や言葉の自由を徐々に奪われながら最後には体の運動機能を全て喪失してしまう難病「脊髄小脳変性症」と診断される。

脊髄小脳変性症とは、小脳、脳幹、脊髄が徐々に萎縮してしまう疾患であり、原因は今もなお不明である。箸がうまくもてない、よく転ぶといった症状から始まり、進行するにつれて歩けなくなったり、字が書けなくなったりする。最終的には言葉も話せなくなり、寝たきりになり、最悪の場合は死に至ることもある。小脳、脳幹、脊髄が萎縮していっても大脳は正常に機能するため知能にはまったく障害がない。つまり、体が不自由になっていくことを自分自身がはっきりと認識できてしまうのである。その意味でこの病気は非常に残酷な病である。彼女は、体の自由が利かなくなることと自分の意識が変わることのない現実の狭間で生き抜いていく。

Kito Aya was diagnosed with a disease called Spinocerebellar ataxia when she was 15 years old. The disease causes the person to lose control over their body, but because the person can retain all mental ability the disease acts as a prison. Aya discovers this disastrous news as the disease has already developed. There is no cure.

Through family, medical examinations and rehabilitations, and finally succumbing to the disease, Aya must cope with the disease and live on with life until her death at the age of 25.
(Wikipedia参照)

キャスト
木藤亜也:大西麻恵
木藤潮香:かとうかずこ
木藤瑞生(亜也の父):浜田光夫
山本\子(主治医):鳥居かほり
さと(寮母):芦川よしみ
患者:森山周一郎
患者:速水亮

映画 1リットルの涙  動画 日本語音声・英語字幕
(1 Litre of Tears or A Diary with Tears or A Diary of Tears)

 (1/6) / (2/6) / (3/6) / (4/6) /  (5/6) / (6/6)

posted by タダミ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1リットルの涙
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。